お店の開業資金に500万必要だった

どうしてもお金が必要な自営業でも必ず借りれる金融情報

お店の開業資金に500万必要だった

#私は20代後半で、美容関連のお店をオープンしました。

その時は無我夢中で、自分の生きたい人生を実現してやるんだという意思がとても強かったのです。

その裏には、仕事に対するコンプレックスがありました。

組織の中で働くには協調性のない自分が集団に馴染めなくて、自分で自分の首をしめていました。

その反動で、自分がしたい仕事をしたいと強く思いました。

 

でもお店を立ち上げるまでは、本当に大変でした。

自分のスキルを磨くことや、お店の物件探しや内装、そして一番はお金の問題です。

初期投資に500万が必要でした。

それでも、まだ20代後半の何の実績もない私にこれほどのまとまったお金を貸してくれるとは思えませんでしたし、ローンを組むというのは精神的にとてもプレッシャーのかかることでした。

 

そこで、これまであまり自分の本心を話したことのなかった両親に人生で初めて本音で話しをしました。

私がなぜこれほどお店がやりたいのか。

最初は大反対されましたが、最後には私を信頼して貸してくれた500万を元手にお店を立ち上げました。

そして今ではお店が成功し、親に借金を返し終えました。

今でも、あの時あきらめないでチャレンジして良かったなと思います。


ホーム